ワーウィック・デイヴィス(Warwick Davis)

ワーウィック・デイヴィス(Warwick Davis) イギリスで活動する芸能事務所の社長で、「スター・ウォーズ」のエピソード6「ジェダイの帰還」に登場したイウォーク族のウィケット・W・ウォリック役を演じたことで有名。
小人症で身長は107cm。イウォークを演じた際はまだ11歳で当時は身長が60cm。妻は同じく小人症のサマンサ・デイヴィスで2人の子供がいる。子供は1991年に長男ロイドが誕生したものの、幼いうちに他界。1997年に長女のアイナス、2003年に次男のハリソンが誕生した。ワーウィックは脊椎骨端異形成症(SED)、妻のサマンサは軟骨無形成症による小人症で、息子・娘も小人症。

基本情報(プロフィール)

読み方ワーウィック・デイヴィス
職業俳優/芸能事務所社長
生年月日1970年2月3日
身長・体重107cm
性別
出身イギリス・サリー州エプソム

略歴

1970年2月3日誕生
1983年映画「スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還」にイウォーク族のウィケット・W・ウォリック役で出演
※その他、「スター・ウォーズ」シリーズに多数出演
1988年映画「ウィロー/Willow」でのウィロー役(小人族)として出演
1991年長男ロイドが誕生(幼い頃に亡くなる)
1997年長女アイナスが誕生
2001年映画「ハリー・ポッターと賢者の石」にフィリウス・フリットウィックやゴブリンの役として出演
※その他、「ハリー・ポッター」シリーズに多数出演
2003年次男ハリソンが誕生
2018年「スター・ウォーズ 」のスピンオフ作品「ハン・ソロ」にも出演予定

関連リンク

タグ

役者

スポンサーリンク

人名検索

人名募集

サイトに追加したい人物を募集します。内容によっては登録できない場合もある為、リンク先の注意点をご確認ください。