高梨 沙羅(たかなし さら)

高梨 沙羅(たかなし さら) スキージャンプ選手。2018年、スキージャンプ・ワールドカップで男女通じて前人未踏の優勝55回を記録して歴代最多記録を更新した。
最多記録を更新した高梨はインタビューで「男子とは土俵が違う」と謙遜したが、誰もなし得なかった記録であることは間違いなく、今後もまだまだ記録更新が期待できる点は偉業以外の何物でもない。2018年の平昌オリンピックでは日本中が応援を送る中、女子個人ノーマルヒルで見事銅メダルを獲得した。

史上最年少記録

2011年2月19日にオーストリアのラムソウで開催された女子ジャンプのコンチネンタルカップで史上最年少優勝を記録した。当時の年齢は14歳で、それまでの最年少記録は15歳だった。

基本情報(プロフィール)

読み方たかなし さら(Sara Takanashi)
職業スキージャンプ選手
生年月日1996年10月8日
出身日本(北海道上川郡上川町)
性別

略歴

2011年2月オーストリアのラムソウで行われた女子ジャンプのコンチネンタルカップで史上最年少優勝(14歳)
2014年日本体育大学に入学
2018年平昌オリンピックで銅メダルを獲得

関連リンク

タグ

スポーツ スキー 美女 世界記録

スポンサーリンク

人名検索

人名募集

サイトに追加したい人物を募集します。内容によっては登録できない場合もある為、リンク先の注意点をご確認ください。