マット・カッツ(Matt Cutts)

マット・カッツ(Matt Cutts) 検索エンジンや情報検索の分野での権威として知られる。検索エンジンについての情報発信や検索品質管理等を行い、SEOの分野で最も有名な人物の1人。
Googleの最初の100人の従業員の1人だったが、2016年12月31日にGoogleを辞職し、後任としてゲイリー・イリーズがSEO関連のスポークスマンを務める。

SEOとは

SEOはSearch Engine Optimization(サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)の略で、日本語訳すると「検索エンジン最適化」。GoogleやYahooの検索結果からサイトへの流入を最大化する為のサイト改善等を指す。

基本情報(プロフィール)

読み方マット・カッツ/マシュー・カッツ
生年月日1972年-1973年
出身校ノースカロライナ大学チャペルヒル校卒
出身アメリカ
性別

略歴

1995年ケンタッキー大学でコンピュータサイエンス・数学の学士を取得
1998年ノースカロライナ大学チャペルヒル校で理学修士を取得
2000年1月Googleにソフトウェア・エンジニアとして入社
2007年検索エンジン等の研究を開始
2014年7月Googleを長期休暇
2015年5月サーチクオリティチームのトップから退く
2016年12月31日Googleを退職

関連リンク

関連人物

ゲイリー・イリーズ 渡辺 隆広 木村 賢 ダニー・サリヴァン ジョン・ミューラー 鈴木 謙一

タグ

SEO ビジネス

スポンサーリンク

人名検索

人名募集

サイトに追加したい人物を募集します。内容によっては登録できない場合もある為、リンク先の注意点をご確認ください。