布施 正人(ふせ まさと)

布施 正人(ふせ まさと) 「どうとんぼり神座(かむくら)」の創業者。神座は1986年7月に開業した人気ラーメンチェーン店で、2018年現在、全国40店舗を超える一大チェーンとなっている。息子の真之介も神座で働く。妻は維久子。

過去は洋食店を営んでいた

もともとはフランス料理のシェフをしていた。20代中盤の頃には洋食の店を開業し、2号店もオープンするほど繁盛していた。ところが、1982年8月に発生した大和川の氾濫により多額の借金をし、また、自身が病で倒れるなど順風満帆な生活ではなかった。そんな中出会ったのがラーメンで、ラーメンの世界に可能性を感じ、30代後半でこの世界に足を踏み入れることとなった。

どうとんぼり神座のラーメン

神座のラーメンはしょうゆベースのスープと白菜の甘みが特徴的で、初めて食べると今まで食べたことのない味に驚き、2度目に食べると病みつきになるラーメン。何度食べても飽きがこない味が人気。ニラやニンニクを自由に追加でき、好みに合わせて味の変化を楽しめる。

基本情報(プロフィール)

読み方ふせ まさと(Masato Fuse)
職業どうとんぼり神座の創業者
生年月日1949年
出身日本(鹿児島県)
性別

略歴

1986年どうとんぼり神座を開業

関連リンク

タグ

経営者 ビジネス ラーメン

スポンサーリンク

人名検索

人名募集

サイトに追加したい人物を募集します。内容によっては登録できない場合もある為、リンク先の注意点をご確認ください。